このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - モジュールの開発 第3回簡単なリスト(一覧表示)の作成 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - モジュールの開発 第3回簡単なリスト(一覧表示)の作成 Yahoo!ブックマークに登録 @niftyクリップに追加 FC2ブックマークへ追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Share on Tumblr newsing it! この記事をChoix! FriendFeedで共有

Drupalのモジュール開発の第3回目です。
今回は、簡単な一覧を表示するモジュールを作ってみます。

第1回のモジュール雛形をベースにしますが、今回はフォーム無しで、すぐに一覧を表示させます。

ですので、menu関数から実行表示する関数「easy_list」をコールする点がこれまでと異なります。

まず、サンプルのソースを記述しておきます。

 t('easy list program'),
		'page callback' => 'easy_list',
		'access arguments' => array('permission easy_list'),
	);
	    return $items;
}

function easy_list(){
    $sql = "SELECT * FROM {node} where type ='page'";
    $result = db_query($sql);
    while ($record = db_fetch_array($result)) {

       $rows[] = array(
                    array('data' => $record["nid"]),
                    array('data' => $record["title"]),
	            array('data' => date("Y年m月d日 H時i分s秒",$record["created"])));
   }

    $header = array(array('data' => 'nid'),
                    array('data' => 'タイトル'),
		    array('data' => '登録日'));

    drupal_set_title('ページ一覧');
    return theme('table',  $header, $rows);

}

?>

menu関数からeasy_listに処理が移った後、easy_listでは、
ノードタイプが”page”のものだけを抽出して、配列$rowsに格納します。

$headerに表示させたい列名称をセットします。

最後に、return theme(‘table’, $header, $rows);
で、Drupalのtheme関数が$headerや$rowsのデータを表形式に整形して表示してくれます。

このように表示部分はDrupalに任せてしまえるので、処理部分だけを書けば良いので、簡単ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • サイト内検索

ページ上部に