このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - viewsを使ったデータ件数の計算 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - viewsを使ったデータ件数の計算 Yahoo!ブックマークに登録 @niftyクリップに追加 FC2ブックマークへ追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Share on Tumblr newsing it! この記事をChoix! FriendFeedで共有

筆者のDrupalで作成したあるサイトでは、コンテンツタイプやワークフローのステータスなど、ユーザから見るといろんなデータの種類がある。

なので、ユーザがログインすると、ユーザのロールに応じて、Aコンテンツの申請中データが何件、承認済みのデータが何件などと一覧を表示しています。

この一覧は、Blocksの中に、PHPでプログラムを書いています。

ところが、先日Drupalのアップデート、モジュール群のアップデートを行ったら、このPHPプログラムが一切動かなくなった。

そこで、このPHPプログラムを見直すことに。

$viewname = "views_name";
$view = views_get_view($viewname);
$view->get_total_rows = TRUE;
$view->execute();
print $view->total_rows;

いろいろ英語サイトをググった結果、上記のソースに変更。

どうせPHPで書くなら、viewsを使わなくたって、直接SQL文を書いたらいいじゃん!っという声も聞こえそうですが、仕様変更など含めたメンテナンス性の向上。それと件数表示後に、その内訳の詳細一覧にどのみちviewsを作るので、兼用で済むので、こうしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • サイト内検索

  • Pro Drupal 7 Development (ペーパーバック)
    by John VanDyk, Todd Tomlinson

    Price: ¥ 5,457
    17 used & new available from ¥ 1,033
    (0 customer reviews)

ページ上部に